AGA治療はどんな病気なのか~フサフサな髪の毛を取り戻そう~

原因は何なのか

man

AGAの原因に最も多いのは、遺伝や男性ホルモンの影響だと言われています。遺伝性のAGAは、40歳になる前にはげ始めた男性のいる家系だと遺伝性が原因だという研究結果が出ています。どのような研究を行なったのかといえば、その家系の男性の血液を分析し、若い年齢ではげ始めた人はX染色体というところにある男性ホルモンに異変が起こっていることが分かったからです。この変異によって頭皮で男性ホルモンの働きが強くなってしまい、髪の毛が抜けやすくなったのではないかという結果が出ました。どうしてこのようなことが起こったのかといえば、男性はX染色体とY染色体を持っていますが、X染色体は女性である母親から受け継ぐことになりますので母方の祖父がはげていると子供である自分がはげてしまう可能性があるということになります。ですが、他にもはげとなる遺伝子があるかも知れないと言われているので一概に言い切ることはできないとも研究チームは発表しています。遺伝性であってもAGA治療は受けられるので、自分の母方の祖父がはげているというのなら専門のクリニックへ相談してAGA治療を受けることをおすすめします。

男性ホルモンの影響でAGAが発症する人は、原因となる物質が大量に増えることになります。原因となる物質が増えてしまうことで、ヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛の成長期が終了してしまいます。そうなると、髪の毛は太くて長い状態になってしまう前に抜け毛となってしまいます。成長しない髪の毛は、細くて短い毛になってしまうので薄毛状態になります。
こういった状況を作ってしまうのは、ストレスが原因だと言われています。人間の体は、ストレスを感じてしまうことで様々なところに影響が出てしまいます。勿論、髪の毛にも影響するので遺伝ではないAGAになった人はストレスで起こっている可能性が高いのです。最近では、AGA治療を行なう際にカウンセリングを受けられるので原因となるストレス環境があるのなら一度相談してみるといいでしょう。AGA治療は、今の悩みを解消することに繋がりますので専門クリニックへ足を運んでみて下さい。